本文へスキップ

認定特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

ファシリテーター研修プログラムFacilitator Training Program

2017年度ファシリテーター研修プログラム聴講生
  募 集 要 項 ≫
目的 がん患者のための非構成型サポートグループのファシリテーションの実践のために、主として理論と技法を学ぶ。
研修対象者 (A) 医療・福祉領域の従事者、及び産業カウンセラー
(B) 医学・看護学・社会福祉学・心理学といった研究分野を専攻されている大学院生
(C) がん患者団体およびがん患者支援団体のリーダー
 ※がん体験者の方が参加される場合、無症候状態になって
5年以上経過していること。
募集人数 20
研修期間 講義T(心理編):201816日(土)/講義U(医学編):2018113日(土)
研修場所 エーザイ東京コミュニケーションオフィス
(東京都新宿区西新宿
3-7-1新宿パークタワー23階)
研修費用 6日(土)6,000円(弁当代含む)/13日(土)5,000
提出書類 (A) 所属機関名、氏名、資格(社会福祉士、看護師、臨床心理士など)、連絡先
(B) 所属大学院、研究分野、氏名、連絡先

(C) 所属団体名、氏名、連絡先
 ※がん体験者の方の場合、その部位と無症候状態になってからの期間
募集締切 20171215月(金)必着
研修内容  講義T≪心理編≫ 
日時:201816日(土)10:00-17:30
場所:エーザイ東京コミュニケーションオフィス
  (東京都新宿区西新宿
3-7-1新宿パークタワー23会議室)

   
【アクセス】JR「新宿駅」南口、徒歩12

         
都営大江戸線「都庁前駅」A4出口、徒歩8
<1>「がんサポートコミュニティーのコンセプト」

  
大井 賢一(CSC事務局長/プログラムディレクター)
<2>「がん患者のサポートグループの目的と効果」
  
遠藤 公久(CSC副理事長/ファシリテーター/日本赤十字看護大学教授、臨床心理士)
<3>「サポートグループのガイドライン」
  
小澤 知子(CSCプログラムコーディネーター/ファシリテーター、臨床心理士)
<4>「サポートグループの介入方法/ファシリテーション」
  
福井 里美(CSCファシリテーター/首都大学東京准教授、看護師・臨床心理士)
<5>事例検討
<6>講演「対応が難しいと感じる時:さてどうする?」

  
栗原 幸江(東京都立駒込病院緩和ケア科/
       マギーズ東京ヒューマンサポートチーム/心理療法士)
講義U≪医療編≫ 
日時:
2018113日(土)14:00-19:00
場所:
エーザイ東京コミュニケーションオフィス
  (東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー23会議室)
   
【アクセス】JR「新宿駅」南口、徒歩12

         
都営大江戸線「都庁前駅」A4出口、徒歩8
<1>「がん医療の基礎知識」
  
渥美 隆之(CSC理事長/平山病院副院長)
<2>「緩和ケアの基礎知識」
  
廣橋 猛(永寿総合病院がん治療支援・緩和ケアセンター長)
<3>「サイコオンコロジーの基礎知識」

  
小川 朝生(国立がん研究センター東病院精神腫瘍科科長)
<4>講演「がん薬物療法」
  
勝俣 範之(日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授)

申込み 必要事項を明記の上、20171215日(金)必着にてを送付ください。

    
105-0001東京都港区虎ノ門3-10-4虎ノ門ガーデン214号室
    
 特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー ファシリテーター研修担当:小澤 宛

バナースペース

認定特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826