本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

患者支援プログラムを学ぶセミナーTraining Seminar

がんサポートコミュニティーでは、米国Cancer Support Communityの日本支部として、2001年よりがん患者支援とコミュニティーづくりに取り組み、がん患者さんとそのご家族に対して非構成型のサポートグループを提供しています。
近年、日本でもがん診療連携拠点病院における患者サロン運営あるいは地域における患者団体活動が盛んになっており、患者支援プログラムのさらなる充実が求められています。こうした社会背景のなか、私たちがんサポートコミュニティーでは
2015年度よりがん専門相談員を対象に患者支援プログラムを学ぶ機会としてセミナーの企画運営に取り組んでおります。
   日時/会場  テーマ  参加者数
 1 2015425日(土)
TSURUYAホール 
大阪市中央区本町3-3-5
「がん患者支援に活用できるリラクセーション方法を学ぶ―自律訓練法」
佐藤仁美(精神保健福祉士/臨床心理士)
がんサポートコミュニティー自律訓練法講師
「支援者のセルフマネジメント―自律訓練法を体験しよう!」
佐藤仁美(精神保健福祉士/臨床心理士)
がんサポートコミュニティー自律訓練法講師
 25
 2 2015923日(水)
よみうり大手町ホール
千代田区大手町1-7-1
「Cancer Support Communityとがん専門病院との連携」(同時通訳)
Kim Thiboldeaux
Cancer Support Community最高経営責任者
「がんサポートグループ:良質ながん医療の不可欠な部分」(同時通訳)
Victoria Kennedy
Cancer Support Community副代表
 83
3 2016423日(土)
TSURUYAホール 
大阪市中央区本町3-3-5
「アドバンス・ケア・プランニングのすすめ〜その人らしく意思決定するために〜」
谷澤久美(がん専門看護師)
淀川キリスト教病院がん診療センター
「希死念慮のアセスメントとサポート」
四宮敏章(医師)
奈良県立医科大学附属病院緩和ケアセンター長
40
 4 2017422日(土)
TSURUYAホール 
大阪市中央区本町3-3-5
「親が“がん”になったとき、子どもに何を伝え、どう支えるか?」
大沢かおり(社会福祉士・精神保健福祉士)
NPO法人Hope Tree代表理事
「私がチャリティランナーとして大阪マラソンを走った理由(わけ)」
吉田直久(医師)
京都府立医科大学附属病院
内視鏡・超音波診断部講師
 28

問合せ 
105-0001東京都港区虎ノ門3-10-4虎ノ門ガーデン214号室
     電話
03-6809-1825(月〜金曜日9:0017:00
     特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー


バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826