本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

組織沿革HISTORY OF ORGANIZATION

20111 がん診療連携拠点病院相談支援センターで勤務するソーシャルワーカーや看護師を対象とした「ファシリテーター研修プログラム」を首都大学東京(東京)で開催。講師は国立がん研究センター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部室長・小川朝生氏、獨協医科大学公衆衛生学講座准教授・高橋都氏らに担当いただいた。
20115 事務所を東京都港区虎ノ門三丁目10-4虎ノ門ガーデン214号室に移転。
20118 機関誌「がんサポ通信」第21号を発行。
20118 第一三共Presents家族のきずなシアター2011に後援する。劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア」にがん患者と家族240人が招待され、ともに観劇する。
20119 2009年の本部The Wellness Communityの名称変更を受けて、特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーと改名する。
201110 9回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「あなたが選ぶがん治療―がんとの上手な付き合い方」を砂防会館別館シェーンバッハ・サボー(東京)で開催。藤原康弘氏(国立がん研究センター中央病院副院長/乳腺・腫瘍内科科長)、岸本葉子氏(エッセイスト)を講師に招聘。274名が来場。会場にがん診療連携拠点病院相談支援センターの活動紹介ブースを併設し、国立がん研究センター中央病院、東京都立駒込病院など12施設が出展。
201110 大阪マラソン2011(大阪)に寄附先の一つとして参加、「あなたとあなたの大切な人のために」をキャッチフレーズにがん検診受診を訴えた。
201111 理事長・渥美隆之がニューヨーク(米)で開催された米国Pfizer主催のLung Cancer Patient Advocacy Advisory Board(肺がん患者支援会議)に招待される。
20121 エーザイの協力を得てがん診療連携拠点病院相談支援センターで勤務するソーシャルワーカーや看護師を対象とした「ファシリテーター研修プログラム」を開催、講師は国立がん研究センター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部室長・小川朝生氏や目白大学教授・小池眞規子氏らに担当いただいた。
20123 ファシリテーター小澤知子がドイツのフランクフルトで開催されたRoche主催のInternational Experience Exchange for Patient Organizations 2012(国際患者会議)に参加した。
20123 機関誌「がんサポ通信」第22号を発行。
20125 12回春の研修旅行 with 竹輪・蒲鉾づくり体験ツアー
20128 1回がんを学ぶセミナー「がんを知り、その治療を学ぼう!」を開催。講師を理事長・渥美隆之が務める。
20128 機関誌「がんサポ通信」第23号を発行。
20129   公式フェイスブックページを開設。
20129 20日(木)中野区健康福祉部より9月のがん征圧月間の取り組みとして中野区役所での「がん相談コーナー」への相談員派遣の委託を受け、看護師を派遣。
20129 第一三共Presents家族のきずなシアター2012に後援する。劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」にがん患者と家族240人が招待され、ともに観劇した。
2012年10月 10回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「がんからの教え」を砂防会館別館シェーンバッハ・サボー(東京)で開催。立花隆氏(ジャーナリスト)、樋野興夫氏(順天堂大学医学部病理・腫瘍学講座教授)を講師に招聘。366名が来場。会場にがん診療連携拠点病院相談支援センターの活動紹介ブースを併設し、国立がん研究センター中央病院、東京都立駒込病院など12施設が出展。  
2012年11月 事務局長/プログラムディレクター・大井賢一が米国ロサンゼルスで開催された本部Cancer Support Communityの創立30周年記念式典に参加した。  
2012年11月 2回がんを学ぶセミナー「一つのがんを克服しても、新たながんに備えてがん検診を受けよう!」を開催。講師を会長・垣添忠生が務める。  
2012年11月 大阪マラソン2012(大阪)に寄附先の一つとして参加、「一つのがんを克服しても新たながんに備えて」をキャッチフレーズにがん検診受診を訴えた。
201212  11回クリスマスパーティー with くすりミュージアム見学を開催した。
201212  6回いきのちからクリスマスコンサートを麻布セント・メアリー教会で開催した。  
201212 中外製薬presentsがん撲滅チャリティ「ワハハ本舗スペシャルライブ〜笑いで病気をぶっ飛ばせ!?」で事務局長/プログラムディレクター・大井賢一が参加27患者団体を代表して実行委員長を務めた。
20131 エーザイの協力を得てがん診療連携拠点病院相談支援センターで勤務するソーシャルワーカーや看護師を対象とした「ファシリテーター研修プログラム」を開催、講師は国立がん研究センター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部室長・小川朝生氏や東京慈恵会医科大学准教授・井上大輔氏らに担当いただいた。
20133 機関誌「がんサポ通信」第24号を発行。
20133 Cancer Support Communityの会長兼CEOであるKim Thiboldeaux氏と研究開発担当上席副会長Mitch Golant博士の共著「がん患者・家族のためのウェルネスガイド〜がんと診断されてもあなたらしく生きるために」を翻訳出版。
20134 会長・垣添忠生が春の叙勲で瑞宝重光章を受章。
20134   3回がんを学ぶセミナー「がん哲学外来」を開催。講師を順天堂大学医学部病理・腫瘍学講座教授・樋野興夫氏が務める。 
20135 ワークショップ「コラージュを創ろう!」を開催。
20135   11回資生堂ビューティーケアセミナーを開催。  
20136 13回春の研修旅行 with 芸者さんと町歩き&つまみ食いツアーを開催。
20137   4回がんを学ぶセミナー「がんと食事」を開催。講師を国立がん研究センター東病院管理栄養室長・落合由美氏が務める。  
20139 10日(木)中野区健康福祉部より9月のがん征圧月間の取り組みとして中野区役所での「がん相談コーナー」への相談員派遣の委託を受け、臨床心理士を派遣。
20139 第一三共Presents家族のきずなシアター2013に後援する。劇団四季ミュージカル「ウィキッド」にがん患者と家族400人が招待され、ともに観劇した。
20139 11回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「がん治療選択〜そのとき、あなたは何を考えるか?」を砂防会館別館シェーンバッハ・サボー(東京)で開催。
20139 3回大阪マラソンが開催され、大阪マラソンEXPOで啓発活動を実施。
20142 3回大阪マラソンから寄附金11911574円が贈呈された。
20144 葛飾柴又めぐりを開催。 
20146 第14回春の研修旅行を開催。
20146 第13回資生堂ビューティーケアセミナーを開催。
201410 第12回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「がんは再発・転移から始まる〜再発・転移性がんの治療選択と治験」を砂防会館別館シェーンバッハ・サボー(東京)で開催。
201410 第4回大阪マラソンが開催され、大阪マラソンEXPOで啓発活動を実施。 
20156   第15回春の研修旅行を開催。 
20159  創立15周年を迎え、Cancer Support Community最高経営責任者Kim Thiboldeaux、プログラム開発・配信担当副代表・Vicki Kennedyを招聘、13回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「生きる希望をささえる〜基礎研究が拓くがん医療の未来」をよみうり大手町ホール(東京)で開催。 
201510 第5回大阪マラソンが開催され、大阪マラソンEXPOで啓発活動を実施。 

バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826