本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

膵臓がんPANCREAS CANCER

「一日一生」M・T(70歳代男性、膵臓)

200969日は、衝撃の一日でした。
5月に受診した人間ドックで膵臓に異常が見つかり国立がんセンターを紹介され膵臓がんを告知された日です。
その内容は、腫瘍が血管に密着しているため手術はできず、根治は不可能。治療は抗がん剤による延命措置しかなく、それでも5年以内に腫瘍が大きくなったり、転移する確率は40%ということでした。今まで大病をしたことのなかった私には、大変ショックで眠れぬ日々が続きました。
それでも、がんについての知識が全くなかったので、近くの書店でがんに関する本を何冊も買ってきました。そのなかに、サバイバーの方の体験記がいくつか載っており、病気に立ち向かうには、気持ちの持ち方が大事であり、患者会で同じ境遇の人々と話し合ったことが良かったと書いてありました。
そこで、いろいろ調べてジャパン・ウェルネス(現がんサポートコミュニティー)に入会することにしました。
サポートグループに参加して感じたことは、部位やステージが違っても皆さんの明日に向かって頑張ろうという力強い気力でした。
今は、皆さんから教えてもらったことや自分で集めた情報をもとに、独りよがりかも知れませんが、色々なことにチャレンジしております。
・玄米菜食(血圧が正常に戻り、便秘をしなくなりました。)
・腹式呼吸強化のためスポーツ吹き矢
・免疫力アップを目指し、温冷浴・生姜湯・爪揉み・ふくらはぎマッサージ
・認知症防止のため囲碁・麻雀
・気分転換のため月一回のゴルフ・里山ハイキング・日帰りバス旅行
わが家の今の合言葉は、“一日一生”です。一日の終わりに今日も一日良い日だったと思えるように日々頑張りたいと思っています。

M・Tさんはスポーツ吹き矢を腹式呼吸強化のためにチャレンジされているのですね。腹式呼吸は副交感神経に働きかけます。そこで免疫力アップには副交感神経を優位にしてリラックスすることが大切ですので、腹式呼吸が登場するわけですね。

バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826