MENU

私たちは

About us

私たちの使命と歴史

私たちの使命

世界最大規模の専門家による国際的がん患者支援の非営利団体ネットワークとして、Cancer Support Community(CSC)は、がんの影響を受けたすべての人たちがその人らしく生きられるよう、私たちのプログラムが活かされ、地域コミュニティによって支える社会をめざしています。
さらに、CSCは、あらゆるレベルの政府に、がんによって生活を取り乱された人たちをサポートする政策を提言しています。
がんサポートコミュニティーは、CSCの日本支部です。

私たちの歴史

日本の地域コミュニティーの発展

2 0 0 1 年、竹中文良博士は日本での私たちのがんとの向き合い方を変えました。消化器外科医で、大腸がんサバイバーである竹中博士は、日本でがん患者だけでなく、家族、友人、そして介護者にもこころのケアを提供する組織を創設しようとしました。竹中博士は、米国The Wellness Community(TWC) で、がんの影響を受けた人たちとその愛する人たちに対するこころのケアを提供するための研修を受けました。
帰国後、竹中博士はこころのケアを強く推奨しました。竹中博士は自らのがん体験によって、こころの健康とからだの健康の間の強い相関関係を信じていたからです。こうして、日本初の地域コミュニティに開かれた、TWC東京支部としてジャパン・ウェルネスは、がんで苦しんでいる人たちが適切な支援を受けるための場として2001年5月24日、東京に設立されました。

第54回 菊池寛賞受賞

2006年12月1日、竹中博士とジャパン・ウェルネスは、がん患者とその家族のこころのケアに多大な貢献をしたことで、第54回菊池寛賞を受賞しました。

世界最大のがん患者支援団体

2009年11月7日、The Wellness CommunityとGilda’s Club は合併し、Cancer Support Community(CSC)という名のもとに連合組織となりました。この連合の結果として、CSCは現在、世界最大のがん患者支援団体の一つとなっています。

竹中博士 永眠

残念ながら2010年7月14日、竹中博士(享年79歳)は永眠しました。竹中博士の死後、渥美隆之医師は後継者となりました。

がんサポートコミュニティーに改名

2011年9月20日、ジャパン・ウェルネスはCSC日本支部としてがんサポートコミュニティーに改名しました。

認定NPO法人として認定

2017年9月1日、がんサポートコミュニティーは、活動の高い公益性が認められ、東京都より「認定NPO法人」として認定を受けました。

エクセレントNPO大賞 & 組織力賞W受賞

2019年1月17日、がんサポートコミュニティーは第6回エクセレントNPO大賞と組織力賞をW 受賞しました。
「エクセレントNPO」大賞は、質の向上をめざし、自己評価を行いながら改善につとめる非営利組織を応援し、社会に「見える化」をすることを目的としています。

年表でみる​

これまでのがんサポートコミュニティーの歴史を時代背景や医療業界の動向もふまえて年表図としてご紹介いたします。

支援者

Partners and Funders

お問合わせ

Contact us

お気軽にお問い合わせください。(電話受付/平日 9:00~17:00)

認定特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4 虎ノ門ガーデン214号室
TEL. 03-6809-1825 FAX. 03-6809-1826