MENU

教育と研修プログラム

Education & Training Programs

がんサバイバー派遣制度

haken_img

がん医療に“患者の声”を取り入れるために中・高校生がヘルスリテラシーを身につけるために

日本においても患者中心主義(Patient Centricity)が大きな広まりを見せ、今日のがん医療における大きなトレンドと言えます。新薬開発の初期段階において、いかに“患者の声”を取り入れるかが大きなテーマとなっています。
2017年3月に告示された中学校学習指導要領では健康な生活と疾病の予防の学習において、2018年3月に告示された高等学校学習指導要領では生活習慣病などの予防と回復の学習において、「がんについても取り扱うものとする。」と明記されました。がんについてのヘルスリテラシー向上のためには、医療従事者やがん経験者等の外部講師の活用が重要と示されました。
このような社会背景からがんサポートコミュニティーでは、がんサバイバーの小中学校や企業への講師派遣を行っています。詳しくは事務局までお問い合わせください。

ヘルスリテラシーとは

世界保健機関(WHO)のhealth promotion glossaryにおいて、「健康を保持増進するように、情報を得て、理解し、利用するための動機づけと能力を決定する認知的・社会的スキル」と定義されています。

支援者

Partners and Funders

お問合わせ

Contact us

お気軽にお問い合わせください。(電話受付/平日 9:00~17:00)

認定特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4 虎ノ門ガーデン214号室
TEL. 03-6809-1825 FAX. 03-6809-1826